ケータイMAPPLE

仲宗根豊見親の墓

物件情報

記事
15世紀から16世紀にかけて宮古島を支配した仲宗根豊見親が、父を弔うために建造した墓。宮古独特の「ミャーカ」と呼ばれる巨石墓の様式と沖縄本島の横穴式の設計を併せ持つ。
所在地
沖縄県宮古島市平良西仲宗根3−4
地図を開く
電話番号
ジャンル
交通
アクセス
宮古空港からタクシーで10分
営業日
通年
営業時間
見学自由
定休日
情報なし
料金
情報なし

周辺の「見る」スポット